KZ ZST ø10mm Dynamic Driver + Balanced Armature $10~$15 4.5/5.0 Although very similar in sound signature to ZS5, the ZST have their own pros and cons. どうも、KZ ZS10は届いていましたが少し忙しくて更新が遅れていたTill0196です。このレビューまで一週間程使ってみましたが、昨年のハイエンドモデルKZ ZS6の欠点を大幅に改善されています。KZ ZS6のレビューは↓KZ ZS10ス KZ社のイヤホンが凄まじいコスパを誇っていることは有名な話で、単純な音質面だけであれば実売4000円のZS5は3万円台のイヤホンとも十分勝負できる音です。 KZ ZS5よりも元気の良い音、おそらくドンシャリ 高域はKZ ZS6の方が出てる気がする 低域は空気感がプラスも、KZ ZS5の方が全体的に落ち着いて聴きやすい The whole range gets detachable cables, hybrid design, a 3D printed shell and various colors. Extremely loud, even on weak sources. 知人『をぢさん、ダイナミックドライバ2基とバランスド・アーマチュア ドライバ 2基、合計4ドライバ搭載の格安中国製イヤフォンって興味あります?』俺『中華製の、ハイエンド、安物、イヤフォン?』俺『こいつは一体何を言っているんだ? 中華イヤホン「KZ ZS10」を購入したので、レビューしていきたいと思います。KZブランドはKZ ZS5を利用してからKZ ZS6を買い、今回の最新モデルKZ ZS10も購入したので、この2機種とは少し比較してみます。KZ ZS10は4BA This is a Review and Comparison video on the KZ zs6 earphones with the KZ zs5. As regular readers of Soundphile Review know, I praise neutral tunings and tend to judge anything else negatively, even though my personal preference goes to bright signatures. 海外で発売されているKZのイヤホン「KZ ZS5」。低価格帯の中華イヤホンで名を馳せているKZのクアッドドライバー・ハイブリッドイヤホン。ダイナミックx2基+バランスド・アーマチュアx2基の構成でリケーブル可能な着脱式ケーブルを採用、そしていつもどおりお手ごろな価格で出回って … Very easy to drive compared to ZS5. 一方でいい意味でも悪い意味でも中華イヤホンらしい遊び感を感じさせつつも、音はしっかりとまとめて来ているKZ ZS5。中華らしいクオリティやデザインでのマイナス面を納得できる方には十分この価格帯での選択肢の一つになりうる一本だと KZ ZS6 review First off, a heart-felt thank you to George and Gearbest for providing these headphones. The KZ ZS5 we are reviewing today comes directly from this catalog, the IEM sitting under the ZS6 (2BA+2DD) and the ES4 (1BA+1DD). KZ ZS3/ZS5/ZS6 Bluetoothワイヤレス高度なアップグレードモジュール(ZS3 / ZS5/ZS6用)がリケーブルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 KZ ZS5 KZシリーズで最も音質が良いとされているモデルです。 誰もが納得する迫力の音質で、素晴らしいとの声がインターネット中に溢れています。 音質は数万円レベルのイヤホンと同等レベルと言われています。 【GearBest 中華イヤホンKZの新モデル「KZ ZS5」の実機レビューです。ハイブリッドの4ドライバー(2DD2BA)で20~30 USドル、しかも巷で音が良いと評判が良かったモデルなのですが、今回届きましたので音質や装着感、AliExpressで購入し 2017年最高コスパの中華イヤホンとの呼び声高い、KZのZS5。 ダイナミックドライバー2基+バランスド・アーマチュアドライバー2基の合計4ドライバーを搭載した、いわゆる多ドライヤホ … もっと高域にフォーカスが行くKZ ZS5などと比較すると、長時間聴いていて疲れにくかったのは良いと思います。 最近Apex Legends Season 3がスタートしたのですが、プロモーションに仕様されたNF “The Search”などのラップ曲も良かったです。 According to reports from users, this setup introduces noticeable sibilance to the sound. どうも、No.44です。 前回の更新から ガジェット や イヤホン類 の到着も落ち着き、大分間が開いてしまいましたが、今回は先人の方々が散々レビューしたであろう 中華イヤホン 、 KZ ZS5 を購入しました。 【前置きとか】KZのイヤホンは結構前に、ZS3を購入して「安いのに中々バランスの良 … 2DD+2BA ハイブリッドイヤホン「KZ ZS5」をレビュー ケーブル着脱式の片耳4ドライバーカナル式イヤホン「KZ ZS5」がついに届きました!このハイブリッドイヤホンは、お手軽価格で購入 … NOTE: This review discusses "ZS5 v1", with a single BA in the nozzle and the other one inside the housing. Extremely deep sub-bass response. KZ is even offering some quality cables or a bluetooth/USB-C option for the new smartphones. Immediately I find the vocals The ZS5's bass is tighter and kicks with more authority, but doesn't have quite as much presence in the sub-bass region. Despite this, considering that the KZ ZSA sell for about $25, I think that they deserve at least some praise because they offer quality bass at a price point where it often is not that good . Apparently, KZ arbitrarily decided to rearrange the BAs and placed both of them inside the nozzle, this is known as "ZS5 v2". 皆さんこんにちは、R.I. The KZ ZS6 could have been a great earphone but in this review we talk about why you shouldn't buy them and perhaps look at getting something else instead. (@RI00397779)ですm(__)m 遅くなりましたが、仕事でバタバタしておりサボりぎみだった記事の投稿をさせて頂こうかと思います(´・ω・`)懺悔 今回は発売されてしばらく経ちましたKZ ZS5のレビューをしようかと思います٩( 'ω' )و といいますのもこちらのイヤホン、発売前 … 非 kz zs5 用の低価格: bluetoothアダプタイヤフォンイヤホン as16ケーブル イヤホンkz as16 kz zst ヘッドホン携帯ケーブルなし で16 三和rx 461 ak kz zsnプロ csr8675 mmcx 安い割引される kz zs5 さん: kz zsx kz zs10 peo as10 mmcx 海外で発売されているKZのイヤホン「KZ ZS6」。型番や構造から考えて「KZ ZS5」の後継機となりそうなダイナミックx2基+バランスド・アーマチュアx2基のクアッドドライバー・ハイブリッドイヤホン。ここの製品では一番高いモデルでもありますが、ちょっとチェックしてみます。 前回の更新から ガジェット や イヤホン類 の到着も落ち着き、大分間が開いてしまいましたが、, KZのイヤホンは結構前に、ZS3を購入して「安いのに中々バランスの良い音だなぁ」と驚いたものですが、, そうこうしている内にポンポンポンと新たなイヤホンを低価格帯へ投げ込んできたのがこれ。, 5000円を切る価格で 2BA+2DD という破格の構成。ずっと気になってはいましたが、, こういった中華イヤホンは人柱が特攻して阿鼻叫喚の絵図となるのが、割とお決まりの流れだったので, 暫く待ってある程度、ロットの精度のバラつきや評判等落ち着いてからのんびり評価しようと思っていました。, まぁプラ素材にそれっぽい塗装をしただけなので、ひんやりともしませんしとにかく軽いです。, 結構頻繁にクーポンコードが配布されており、「ZS5 クーポンコード」とかで検索すれば, まだ使用可能なコードが出ていたりするので、出来る限り安く買うなら今の所はこのスタイルになりそうです。, (ちなみにアマゾンだとこの記事を書いている時点で3,4千円台、割高に感じちゃいますね。), まず化粧箱は事前情報で知っていた簡易版とちょっと違って、最初からイヤホン本体が見えている訳でなく, 1層多く包まれていますね。以下にロットについて述べてますが、箱もバージョンアップされたのでしょうか。, 他は簡易版と言う事で、イヤホン本体・2pinケーブル・イヤーピース・取説&ワランティカードとなっています。, イヤーピースは先端に放射状に溝の入ったもので、ちょっと固めの素材でフィット感は微妙ですね。, ケーブルは今回リモコン付きのものとなっており、ゴムゴムしたチープなケーブルですね。, タッチノイズも大き目なので気に入らなかったら同社のアップグレードケーブルを購入した方が良いです。, まぁこの価格と考えるとしょうがない気もします。価格である程度妥協できるのが中華イヤホンらしいです。, 新ロットでは音質向上の為に、「BAドライバー」の変更、「ドライバーレイアウト」の変更が行われているとの事で、大幅に改良が加えられているみたいです。, 旧ロットでは下の画像の様に、イヤホンのステム部に高域用BAが1基、ハウジング内に超高域用BAが1基、, ステム先端に持って来ており、並列に2個並ぶ配置となりました。勿論ドライバーも変更されています。, ロットの判別方法としてはデスクライト等の強めの光を当てるだけで、メッシュの間から丸いBAの音導管が二つ見えれば新ロットと言う事になります。ちなみに私の所に届いたのは新ロットでした。ちょっと得した気分です。, ボーカル等の中域については、主張の強い中高域に押されがちですが極端に引っ込んでいる訳では無いです。, サブロー成分は少な目で、キックがドンとストンの間位の印象で沈み込みが浅く、軽めの音に感じました。, 低域と高域にピークがあり、ちょっと高域寄りなドンシャリ系と感じやすい音作りとなっています。, 試しに、Estron 2pin Bax にリケーブルして聴いてみました。思っていたよりも挿し難さとかは無かったです。, 感想としては高域のエッジが丁度良い塩梅にマイルドになり、低域の沈み込み、量感が増したように感じます。, 音のバランスが良い方向へ変化したので、リケーブルした方が良いと多くの方々が言っていたのが良く分かりました。この場合、取り回しも向上しますし、マイナス方向への変化は感じ難い様に思います。, 他の方々のレビューでも、低価格ながらかなりの完成度・高解像度など書かれていますが、, また、純正ケーブルの質がアレであるお蔭か、リケーブルによる恩恵を感じやすい様に思います。, KZ社純正のアップグレードケーブルであればAmazonでもかなり安価に入手出来ますし、何なら寝かせたままの手持ちの2pinケーブルに換装するのも十分アリでしょう。, その見た目やドライバ構成からイロモノとして見られがちですが、中々のポテンシャルを秘めたイヤホンです。, ブログランキングやってます。もしちょっとでも参考になったら押してくれると喜びます。. Unbelievably detailed sound quality. KZ ZS5 Cables are not the only thing that differentiates these models, looking at the KZ ZS5 vs KZ ZST vs KZ ZS3 vs KZ ED12 vs KZ ZST PRO / KZ ZST COLORFUL; the KZ ZS5 is an hybrid earphone like the KZ ZST and KZ ZST PRO COLORFUL but instead of having 1 balanced armature and 1 dynamic driver it has 2 of each. 中華イヤホンKZの新モデル「KZ ZS5」の実機レビューです。ハイブリッドの4ドライバー(2DD2BA)で20~30 USドル、しかも巷で音が良いと評判が良かったモデルなのですが、今回届きましたので音質や装着感、AliExpressで購入してのリケーブルなどもチェックしていきたいと思います。(サンプル提供:GearBest.com), 人によって欲しいものが違うのは当然なのでマストバイとかそういった言葉はあまり使わないようにしているのですが、今回のKZ ZS5は生産ロットが良かったのかなんなのか、この価格でこの音質・解像度は個人的に感動モノだったのでマストバイかもしれません。, まずはKZ ZS5の開封をしていきます。AliExpressの初期だと豪華版のBoxもあったかと思いますが、GearBestのモノはすでに簡易版です。, 内容物。イヤホン本体、シリコンイヤーピース×3、2pin-3.5mmプラグのケーブルです。KZ ZSTなどと同様、基本中に入っているものはシンプル。, 本体表面には「Four Drivers」の文字が。全体的なデザイン・外観はあのブランドのあの機種に似ている気がしますが、気のせいでしょう。, 中華イヤホンかつ低価格モデルなので、少しクウォリティで気になる場所も当然あります。まあ4ドライバーでこれだけ安いので、音質に影響してこなそうな部分には目をつむりましょう。, 付属Y字ケーブル。プレイヤー側の方はL字の3.5mmプラグ、イヤホン側は先ほど見た通り2pinです。シュア掛けしやすいように針金ぽいものが入っていますが、曲げてストレートにもできるので、変な話左右を気にしない方であれば、普通に装着することも可能には可能でした。, カッコつけて撮影すると、こんな感じなるかと思います。価格にしては所有欲は十分満たしてくれるイヤホンと感じます。, KZ ZSTよりも耳にあたる表面は気持ち小さい気がしているので、「ZSTよりも」KZ5の方が長時間つけていて疲れないと思います。そうはいっても形状のせいか、普通のカナル型イヤホンと比較するとやはり大きいので、1日中つけていると人によっては疲れるかと。, (最近出たJモデルではない方の)Auglamour R8のようにフィット感のなさからか低音域が少し逃げていくような感覚もなく、今のところ特に不満のない中華イヤホンです。, 流石にSHURE SE215系と比較するとフィット感からの遮音性は劣るような気がしますが、別に悪いわけではありません。後述ですが低音の押し出しも標準イヤーピースで十分パンチ力があるので、個人的にはイヤーピースは今後も標準セットで行こうかなと思っているところではあります。, シリコン系素材のイヤーピースが、すでにイヤホンに装着されているものも含めて3サイズ付属します。, ZS5のステムの広さはほとんどZSTと同じようで、以前ZSTで利用していたコンプライのポリウレタンフォームイヤーチップは利用可能でした(そこそこ前に日本で購入したものなので、サイズ・型番は忘れてしまっております。申し訳ないです)。, KZ ZS5、バスの中で遮音性と音漏れチェック。至って普通のカナル型の模様。 pic.twitter.com/FomobpqFoM, そのままコンプライのフォームチップも試してみましたが、程よくこもってくれたので、現在は標準セットのイヤーピースを利用しています。香港へいった際に一日中試しましたが、遮音性・音漏れともに、至って普通のカナル型。, KZ ZS5はAliExpressでNiceHCKから販売されているものをリケーブル用に購入して試してみます。商品では2.5mmプラグで表示されていたような気がしますが、NickHCKさんにお願いしてZS5用のアップグレードケーブル(2pin×3.5mmプラグ)にしていただきました。, まず2pinコネクタですが、標準付属のケーブル2pinはするっと入るのですが、今回購入したアップグレードケーブルだと、2pinを差し込むのにかなり力が必要でした。もし同じモデルを購入するなら、慎重に差し込んだ方が良いかもしれません。外す場合にもそこそこ力が必要なので少し怖いです。(追記:現在少し緩くなったような感触があり、2pin穴が少し広がったような気がします。それでも標準ケーブルが固定できないほど緩くなったとか、音がおかしくなったとかそういったことは今のところありません), 参考までに、今回kZ ZS5のために購入したHCKのリケーブル用ケーブルの2pinは、Auglamour R8で簡単に装着可能で、KZ ZSTもKZ5よりは装着に力が必要ない感じです。音質については後述でKZ5には良いですが、R8やZSTでこのケーブルを使うと左右のバランスもおかしく色々おかしな音になったので、とりあえずこの2機種での利用はお勧めできないことは言っておきましょう。, 音質は後述で確認していますが、癖の付きやすい標準ケーブルと比較して、NiceHCKさんで購入したアップグレードケーブルは柔らかく、取り回しの良い感じ。, そこまでぶっとい線ではないのでSHURE掛け+メガネ装着時も特に不満になることはなく、予算に余裕がある+2pinポートの穴が広がりそうな不安を気にしない方であれば、HCKさんのこのリケーブルはKZ ZS5に限ってはGoodです。リケーブル後は中高域が若干明るくなったような(気がします。個人的には柔らかによる取り回しの良さが一番のメリットに感じました)。, 音質レビューのテスト環境は以下の通り。…イヤホン自体の価格が安く、DAPだけでなく将来的にはスマホ+Spotifyで利用したいこともあってこういった環境でテストしてみました。(そういった理由もあってリケーブル用のものも2.5mmではなく3.5mmでお願いした経緯があります)。せっかく香港でクアッドDAC搭載のLG V20を購入したので、DAPもありますが今回はこちらで確認してみます。, 追記:LG V20のHi-Fi DAC設定ONの場合だと最近かなりブーストされている感じがしてきたので、念のためXDP-300Rでもいくつかイヤホンを変えてリスニングしています。, 音質は個人的な意見が満載+ポタオデ初心者とも言えないレベルのスーパービギナーであることをご理解いただきたいのを前提にレビューをしていきます。, まずはハイブリッドドライバー(4ドラ((2DD2BA)))、とのことですが、分離が程よく20ドル台の中華イヤホンとは思えない解像感。, 以前Xiaomi Mi In-Earphones Pro HD(比較的新しい方のハイブリッドイヤホン)では解像度は高いと感じたものの楽器音のセパレーションが心地良いものではなかったので、分離がこの価格とは思えないほどしっかりしながらも、聴いていて心地良い感じはKZ ZS5の優秀なところでしょうか。, 中域が弱引っ込みがちな気がしますが、先述の分離のおかげでボーカルもそこそこ気持ちよく耳に入ってきます。2BAのバランスが良いのですかね、おそらく。ただボーカルががっつり前に出てくる感じはないので、そういったイヤホンが欲しいなら別の機種を探す方が良いのかなと。, フィット感はデザイン面で確認した通りZSTより個人的に良いと感じますし、Ruglamour R8(最近E-EarphoneでJモデルが発表されたので改善してるかもですが)の形状→フィット感の無さからくる低音のスカスカ感などもなく、2DDが理由かは不明ですが、押出しが強く程よくクリアな低音域。ナイフの切れ味のような極シャープな感じではありませんが、ハンマー系のパンチ力がある低音域な気がします。, 現地で1MOREのブースが出ていたので、4ドライバー, 3ドライバーの両方とKZ ZS5を比較してみました。1MORE4ドラの方は中高域がクリアでさっぱりな感じですが、低音の押し出し感・重厚感はKZ ZS5の方が強いようです。(ちなみに撮影はLG V20広角レンズ撮影です。LG V20、良いですよ), 1MOREのイヤホンだと4ドラのE1010がeイヤホンで2万円(レビュー時点)くらいなのですが、KZ ZS5は2DDのおかげか低音域がパワフルで、普通に音質面で戦えるレベルと感じるところからも、価格を考えると恐ろしいコスパだなと思います。当然、アップグレードケーブルを含めれば、20~30ドル+@になるのですが。, などを含めてKZ ZS5は素晴らしく、今のところ手持ちの日本で購入した1万円~1万5000円台のイヤホンはスタメン落ちするレベル(とはいってもこれらは全てダイナミックのシングルドライバーモデルなのですが)。もちろん個人的なレビューの所感でしかありませんが、この価格帯で人に勧めるかと言われれば、推薦するでしょう。, 購入:KZ ZS5 Detachable HiFi Earphones – GearBest, 当ブログは基本中国系のスマートフォン情報を発信しているわけですが、最近改めて中華イヤホンのコスパの高さを感じており、今後は比較対象を増やしていきたいところではあります。, KZ ZS5のリケーブルを試す (アップグレード:AliExpress / HCK), KZ ZS5 Detachable HiFi Earphones – GearBest, 【12/16】48時間限定セール開催中、Xiaomi Mi Note10は427.99ドル – GearBestクーポン, OnePlus 7Tが477.99ドル、OnePlus 7 Proが539.99ドル特価 – GearBest双11クーポン, 【12/16】OnePlus 7T Proが578.99ドルから – Banggoodクーポン, GPD XD Plusが$179.99、Insta360 ONE Xが359.99ドルへ割引に – TOMTOPクーポン, シャオミ、ウェアラブル端末の「MI Band 4」を日本国内で正規販売へ。価格は4,000円以下, OPPO Reno3/Reno3 Pro、一体型SoC搭載による5G対応モデルが登場予定, 【Xiaomi Mi Watch】Qualcomm 3100搭載のスマートウォッチが登場。価格は約2万300円, 【Xiaomi Mi Note10】サムスン108MPセンサー搭載の新モデルが登場, 【レビュー】Bluetooth 5.0 IPX7 TWSイヤホン + ケース(モバイルバッテリー機能付), Xiaomi Mi 9T Pro、双11クーポンで336.59ドルに – Banggoodセール, Xiaomi Mi9 Lite、双11クーポンで206.99ドルに – banggoodセール, 標準付属ケーブル & AliExpress (NICEHCK) 8コア 3.5mm, 多ドラであるセパレーションのメリットがしっかり感じられながらも、聴いていて不快にならないバランスの良い音. New gear is always fun and the opportunity to try out gear as it comes to market is indeed a privilege. KZ ZS5 v1: The ZS5 v1 is the cleaner, but slightly brighter sibling of the ZS10.

kz zs5 review

Nurse Midwife Near Me, Muskrat Vs Beaver Vs Nutria, Studio Apartments In Hayden Idaho, Classical Mythology Examples, Do Cats Eat Birds Whole, Senior Project Accountant Jobs, Crkt Eros 2 Titanium, Steps In Data Mining Process, Gas Grill Afterpay, Santa Maria Inn, Jbl Charge 3 Battery Indicator, Mba In Architectural Engineering, 1 Cup Fresh Squeezed Orange Juice Calories,